みんなで楽しく暮らせる村づくり〈只今奮闘中!!〉

村の紹介

  • HOME »
  • 村の紹介

「平原(へいばら)地区」は奈良県吉野郡下市町の西部に位置し、
県道沿いの平地と急傾斜地それぞれに27軒の家屋が点在しています。
現在の人口は67名、うち65歳以上が25名、20歳以下が4名のまさに少子高齢化の集落です。

平原航空写真
村の全景 縦に通っているのが県道20号線

 現在高齢化率32パーセントでも・・・

・・・あと10年したら・・・
今いる子どもたちは進学・就職で出ていき、ますます高齢化して人口減少、限界集落へのカウントダウンが始まってます。

唯一の救いは、今現在50代・60代前半のまだまだ頑張れる世代の人たちがたくさんいること。
「今のうちに10年先を見据えて出来ることから始めよう!!」
と集落の住民が集まってワークショップが始まりました。

何回も何回もワークショップも開き

村の歴史について学んだり

視察に行ったりして

計12回ワークショップの結果、まとまったのが、『ハーブの村構想』

平原地区は昔から薬草の栽培が盛んだった事から
現在風にアレンジしてハーブをキーワードにして村を盛り上げていこうということになりました。

現在はハーブ(主にレモングラス)の栽培・加工・販売と栽培したハーブや地元産の野菜を食材として使ったピザハウスの運営を2本柱として活動しています。

  • 村のお寺 平原山 瑞輪寺 浄土真宗本願寺派
PAGETOP
Copyright © 平原区自治会むらづくり委員会 All Rights Reserved.